ゴルフコンペの組分け

ゴルフコンペ組み合わせの基本とコツ

ゴルフコンペの幹事になったとき、一番迷うのが組み合わせかもしれませんね。

今回は、ゴルフコンペの組み合わせのコツを紹介します。

 

経験者を各組に振り分けてハンデの少ない人と多い人を組み合わせるのが基本

ゴルフコンペの組み合わせの基本は、ハンデの少ない人と多い人を同じ組にすることです。

ゴルフ経験者やベテランは世話役として各組に振り分けるのが基本です。

そのほうがプレーの進行がスムーズになりますし、トラブルがあったときの対応もベテランがいると任せられます。

 

ただ、ゴルファーが必ずしもハンデを持っているわけではないので、平均スコアを基準にするといいでしょう。

ベスグロで判断する方法もありますが、そのスコア自体がかなり昔のものだったり、たまたま出てしまったということもあるので、平均スコアの方が無難です。

 

平均スコアで考えると、例えば90で回る人と110で回る人がいたとして、両方をプラスすると200打で、平均すると100打になります。

80で回る人と120で回る人を同じ組でまわると、合計で200打なので、平均すると100打です。

仮に一打にかかる時間が同じとして考えれば、同じ時間で回れることになります。

一組の平均スコアが100になるように組み合わせると進行がスムーズです。

 

また、ゴルフの上手な人と同じ組でまわると、120程度で回る人でも上手な人を参考にして、相乗効果でいつもよりよいスコアで回れることがあります。

 

ポイント

一組の合計平均スコアが400(ひとり平均100)となるように組み合わける

 

各組で平均100打のゴルフコンペの組み合わせ例

ゴルフコンペの組み合わせ例を紹介します。

各組の平均スコアが合計で400(ひとり平均100)となるように組み合わせると、スムーズに進行できます。

 

平均スコア90台の人、110台の人に100台が2人で合計400打、平均100打です。

また、平均スコア80台の人、120台の人に100台が2人で合計400打、平均100打ですし、平均スコア90台、90台、100台、120台の4人でも合計400打、平均100打になります。

組み合わせ例

その1

平均スコア90台の人
平均スコア100台の人
平均スコア100台の人
平均スコア110台の人

 

その2

平均スコア80台の人
平均スコア100台の人
平均スコア100台の人
平均スコア120台の人

 

その3

平均スコア90台の人
平均スコア90台の人
平均スコア100台の人
平均スコア110台の人

 

 

ゴルフ女子は1組にひとりが基本で幹事や上司も早い組に

ゴルフコンペに女性がいる場合は、基本的に1組につきひとりとした方がスムーズです。

なぜかというと、女子はレディースティを使用するのが基本なので、それだけでも全員レギュラーティからスタートするよりも時間がかかります。

 

例えば4組でゴルフコンペを行い4人の女性ゴルファーがいるなら、1組にひとりずつ女性をいれると、同じペースで進行することができます。

もし3人なら、先頭から3組に女性を入れた方がよいです。

 

女性はなるべく早めのスタートに入れるなど配慮するといいでしょう。

 

また、幹事さんはラウンド後のパーティの準備などがあり、もし会社のコンペなら上司に時間の余裕をもたせたいので、できるだけ早い組に入れてあげるのが賢明です。

 

ポイント

女性は一組にひとりが基本
女性や幹事、上司は早めの組に

 

組み合わせがNG、相性の悪い人同士は事前に確認

ゴルフが共通の趣味でも、どうしても相性の悪い人がいます。

なので、相性の悪い人同士は事前に確認しておいて、同組にせず違う組に割り振りましょう。

ただ、幹事歴が浅い場合は、なかなかそのへんの大人の事情を把握できない場合もあります。

そんなときはゴルフ好きのベテラン社員やコンペ内の重鎮に相談役に頼むと心強いです。

社内やコンペ内の人間関係、行き帰りの車の乗り合いなど、細かな部分までアドバイスをもらうといいでしょう。

 

ポイント

相性の悪い人は違う組に割り振り

経験豊富な人にアドバイスを求める

 

ゴルフコンペの組分けのコツ、いかがでしたか?

幹事さんは細かなところまで心配りをしなければなりませんが、ちょっとしたことでコンペの参加者の満足度はグッとあがります。

「また参加したい」と思ってくれるのが、なによりも幹事さんへの褒め言葉です。

多くの人が満足できるゴルフコンペを目標に、組分けを考えてみましょう!

© 2020 ゴルフコンペの達人